広告 

クレンジングを塗るとぽっと温まり、角栓もするりと

ホットタオルで温めると、角栓はうまくとれるのですが、カサつくことがあります。
温め効果はそのまま、毛穴の周囲の皮膚を乾燥させることない美容液クレンジングを紹介します。

クレンジング後なのに、スキンケアをつけた時のようなしっとり感、ふっくらした肌が毛穴も押しつぶしていました。

 

理想は自然に角栓がとれるのがいいんだけど

『毛穴の固くなりこびりついて剥がれなかった角栓を、引っこ抜くのか良いのか?』 はたまた、 『そのまま、角栓が自然と取れるの待つべきか?』と、賛否両論の今日です。

 

ターンオーバーの遅れが角栓をつくる

本来、人の肌は、不要になった角質(垢です)を落としながら、生活をしています。
毎日、皮膚から剥がれて毛穴に入りこむ角質も、放置しておけば自然と落ちていきます。

そうならないのは、毛穴に入った角質が、直ぐに出てくれないからです。
ターンオーバーが遅れて、新しい肌が角質を押しだしません。
白いタオルとドライフラワー

 

角栓を放置すると悲しい事ばかり続く

しばらく、そのまま放置していると、メイクの落とし残しや、スキンケアが毛穴の中に入り込みます。
メイクなどの油は、角質を巻き込みノリのような働きをして、毛穴の壁にこびりつけてしまうのです。
外気の風に、触れているうちに、ノリが乾きカチンコチンの角栓ができ上がりです。

更に時間の経過と共に、角栓は黒ずんでポツポツと目立ちますね。
普通、この時点で気が付きますので、黒ずみをとるためのケアに必死になりがちになりますが、毛穴の黒ずみの多くの原因は、ターンオーバーの遅れなのです。

 

固い角栓、黒い角栓はとるべし

固くかたまった角栓のとり方は、色々ありますが、最も低刺激なのは、固い角栓を柔らかくすることです。
さらに、皮膚にこびりついた部分を、出来るだけ周囲の皮膚を傷をつけずに、剥がすことにあります。

 

毛穴の周囲の皮膚のダメージを最小限に

ピンセットや洗顔ブラシ、毛穴専用のパックで、余計に乾燥してしまうのは、角栓を取り除く時に、周囲の皮膚まで深く剥がしてしまっているからです。
無論、優しくやればうまくいくようです。

角栓と一緒に剥がれて、薄くなった皮膚は、外気に水分を奪われ乾燥してしまいます。
乾燥した皮膚が、またさらに、毛穴を乾燥させて、角質が毛穴から剥がれ落ちにくくなるのです。

基本は、優しくやさぁ~しくとることです。

 

蒸しタオルの弱点

角栓だけでなく、毛穴も、毛穴の周辺の皮膚を柔らかくするために、蒸しタオルで温める方法があります。
メイクの油は、あたためることで柔らかくなります。
また、オイルクレンジングや、ビタミンEなどの油分で、剥がす方法もあります。

しかし、角栓は、オイルだけでは除去しきれません。もともとは、人間の角質と呼ばれるタンパク質の塊なので、油分で溶かすことに限界があるのです。
角質を巻き込んで、メイクや皮脂を巻き込んだ角栓は、タンパク質を除去する成分を配合することが必要であることが、分かってきています。

 

オイルもタンパク質も取り除けるクレンジングが良い

多くの女性は、洗顔後、とれなかった角栓を見て血が頭に上り、思わずピンセットで引き抜いてしまっているのではないでしょうか?
短気は損気。

それにしても、オイルとタンパク質の両方が、取り除けるクレンジングが欲しいですね。
マナラ ホットクレンジングゲル

 

角栓のクレンジングと呼ばれるわけ

鼻の黒ずみ、頑固な角栓のクレンジング洗顔に良いと言われている、『マナラ ホットクレンジングゲル』があります。

 

マナラほっとクレンジングの機能

私も使ってみましたが、年齢肌のカサカサに乾いた肌には、マナラの固いクリームと発熱の温度に、ちょっと抵抗がありました。
使い方は固いクリームを手で温めて、柔らかくしてから使うと良いようですが、それでもちょっと固いかもしれません。

しかし、角栓が固い人の悩みには、しっかりと対応しています。
その訳は、下記の6点です。

スポンサードリンク
  • 発熱して皮膚全体を柔らかくし、毛穴を開かせる
  • オリーブオイルとメドウフォームが、角栓のオイルと馴染み、吸着させる
  • タンパク質分解酵素と呼ばれるパパイン酵素が、凝り固まった角栓を緩める
  • マナラ固有の技術で、毛穴の壁に負担をかけずに角栓だけを除去
  • たっぷりの美容成分で保湿ケア
  • ダブル洗顔不要で、必要以上に皮脂を取り除かない

マナラ ホットクレンジングゲル

 

クレンジングが温かい理由

特にマナラを載せた時に、ポット頬を温める成分は、植物性のグリセリンです。
毛穴の中で、硬くなった油分を柔らかくするのに、クレンジングの発熱作用は功をなします。
最初は、硬くて延ばしにくいと言う欠点が、逆に長所となってしまっています。

パパイン酵素も、毛穴の中の角栓だけでなく、肌表面の不要な角質も剥がしすぎない程度に取り去り、ターンオーバー促進に役立っているのです。

 

使って分かった洗浄力と保湿のバランス

マナラホットクレンジグは、通常のクレンジングと肌感が大きく異なっています。
メイクと馴染ませる時、手で温めないと硬く延ばしにくいのですが、実際は、@cosmeの口コミランキング等で1位をとり、多くの人に評価を得ています。
その理由は、洗浄後の洗浄力と保湿のバランスと考えます。

角質ケア専用のクレンジングは、得てして洗浄力重視です。
保湿不足に感じることが多く、クレンジングの後に必死で化粧水をつけるパターンです。
或いは、べたつきが強く、ダブル洗顔でべたつきをとるために、何度もすすがなくてはならないこともありました。

しかし、毛穴の汚れをとりさっぱり感を実感させながら、カサツキを感じない、洗い上がりにべたつきも感じないのが魅力です。
ダブル洗顔が不要というのも、メイクをし続けている女性が開発しただけに良く分かっています。

 

美容液クレンジングにありがちな失敗

保湿力を重視しているはずなのに、肌の上にしっとり感が残りすぎることもありません。
クレンジングで保湿力を強調したものは、洗い残しがあるかるのではと思うような残留感が残るものが多いのです。

マナラは特に美容成分を高配合していることを、聞いていましたので、正直残留感を覚悟していました。
しかし、良質な洗顔料で洗った後のように肌になにも感じないのに、カサツキを残さない絶妙なバランスに仕上がっています。
マナラ ホットクレンジングゲル

 

配合している保湿成分

マナラが配合している美容成分98%は、以下のとおりです。
透明感を出すために、保湿性部に以外にハイドロキノン誘導体も配合しています。

  • セラミド
  • ローヤルゼリーエキス
  • ヒアルロン酸
  • スクワラン
  • ハチミツ
  • ポリグルタミン酸
  • グレープフルーツエキス
  • コラーゲン
  • ハイドロキノン誘導体

 

角栓を作りやすい肌質改善は?

クレンジングは、刺激をできるだけ抑えて角栓をとることが役割で、角栓そのものをできにくくする肌にはしてくれません。
低刺激な洗顔だけのケアでは、角栓が剥がれ落ちない、硬くかたまってしまう可能性は大です。

問題は、肌環境となります。
角栓ができやすい肌は、表面がガザガザで滑らかでなかったり、肌荒れ気味であったりしているはずです。
ナッツ

 

皮脂を抑える食べ物も同時にとる

メイクがうまくのらないで、毛穴に入りこむのは、ガザガザな肌が外気のホコリを吸着させやすくするためです。
保湿力のあるスキンケアや、不足した皮脂膜をカバーするためにクリームを使いましょう。

ビタミンEで黒ずみができにくくさせたり、ビタミンCで毛穴を引き締めるケアの積み重ねも必要です。
食べ物もビタミンEを意識した方が良いですね。植物油、ナッツ油、アーモンドや落花生、キウイフルーツ、ホウレンソウ、かぼちゃなどに含まれています。

毛穴の汚れも角栓も気にならなくなっても、上記のようなケアを続けれてくださいね。

スポンサードリンク