毛穴角栓のクレンジングは洗浄力だけで選んではいけない

広告

洗浄力より保湿力が高い方が結果的によさそう

毛穴の角栓は、メイクの汚れ、皮脂、汗、角質が混じり合って固まったものです。角栓をクレンジングで除去するなら、これら4つの汚れが取り出せることがベストです。じゃ、洗浄力が強く、なんでも落とせるクレンジング良いかとなると、そうもいきません。

洗浄力と乾燥は裏腹。洗浄力を上げると、必要な皮脂と角質まで取り除き乾燥させます。毛穴の壁や毛穴周辺が乾燥すれば、皮膚が縮んで毛穴が、なおのこと広がってしまいます。 タオルと化粧品

毛穴の角栓に向いているか否かを、クレンジングの形状毎に検証

毛穴に詰まった角栓だけを取り除いてくれるクレンジングを、形状とともに検証してみることにします。検証にあげたクレンジングの種類はいかのとおり。

  • オイルクレンジング
  • クリームクレンジング
  • バームクレンジング
  • 水クレンジング
オイルクレンジングと角栓

メイクや皮脂を取り込めるオイルは、毛穴の中にするりと入り込み、詰まった角栓を溶かしてくれます。しかし、角質はたんぱく質ですので、溶かしきれません。ホットタオルで顔を温めたり、湯上りの肌が柔らかいときに、オイルのヌルつきを利用して除去させるのが1番です。

オイルクレンジングの場合、界面活性剤が多く使われていますので、肌が乾燥しやすいデメリットがあります。使用するオイルを、人の肌と似ているオリーブオイルやホホバオイル、皮脂成分の一種であるスクワランオイルなどが使われるのは、肌馴染みが良いことの他、乾燥対策のためです。

また、洗い流す時のヌルつきがとれにくいために、必要以上に洗い流しに時間がかかり、肌を乾燥させることもあります。それでも、DHCオリーブクレンジングオイルなどは、水との乳化が速くなるように工夫されていて、オイルクレンジングにありがちなヌルつきを感じさせません。こちらの何故今、オリーブオイル化粧品なのか?その理由を考えてみたに、商品詳細を載せています。

使用したオイルクレンジングで、カサツキを感じるようなら、直ぐに使用をやめるべきです。毛穴の壁もカサついていますので、毛穴が広がるばかりか、翌日の汚れがかたまりやすくなります。溜まる角栓が増えるし、乾燥で固くなるばかりで、解決の道が遠のきます。 オイル

クリームクレンジングと角栓

最近のクリームクレンジングは、メイクとなじむのに時間がかかる、洗い流した後油膜が残るといった弱点が改善されてきました。洗浄力が上がり、クリームクレンジングの保湿感は従来のままで優秀です。そのため、クレンジング後の毛穴が、目だたたないタイプもあります。

クレンジング後に、つるりとした毛穴に驚いたことがあります。

スポンサードリンク

詰まっていた角栓も、保湿力を損なわない毎日のお手入れが功をなして、徐々に取れてきます。オイルクレンジングのように、するり即効で取れると言うわけにはいきませんが、クリームクレンジング好きの方なら、この良さがわかるはずです。ジワジワといったところでしょうか?

しかし、洗い流した後の若干のべたつき感はあり、W洗顔は必要です。

乾燥肌や敏感肌の人は、オイルクレンジングよりクリームクレンジングに軍配が上がります。

気をつけなければならないのは、必要以上に保湿感を強調したクレンジングです。保湿感イコール油膜感として作られていて、クレンジングの油膜が毛穴に詰まり角栓につながることもあるためです。 クリーム

バームクレンジング

数年前から良く耳にするバームクレンジングは、油を半固形にして体温で液体になります。

一般にオイルクレンジングより、粘性やとろみが強く、洗浄力も強くなっています。粘性が油膜を作り、保湿感も強く感じますが、何故か不快感を感じません。植物由来の油を使用していることが、理由のひとつのようです。

W洗顔不要で、スキンケア後のような快適さがあることから、バームクレンジングがマッサージクリームと併用しているものもあります。マッサージとして利用する場合は、汚れをキチンと落とした後です。

バームクレンジングは、オイルやクリームと比べて、保湿力は高くなります。しかし、毛穴の角栓に効果があるかないかに関しては、まだ十分な情報がありません。個々の化粧品毎に、良いという口コミを読みますが、どうでしょうかね。

人気の高いD.U.O.クレンジングバームを使用したレビュー記事は、『肌に優しいクレンジングの定義が、私の中でまた増えた』に書きましたので、興味があればどうそ。 バーム

水クレンジング

石油系の界面活性剤を使用しないで、水の特殊な力で汚れを落とします。形状はジェルタイプのもの、液体で拭き取りタイプのものと、2種類あります。

いずれも洗浄力が強く、ポイントメイクや油性のマジックが落とせます。実際、2メーカーほど使ってみましたが、なるほど、低刺激でつるりと落ち洗い流しもすっきりです。『これがクレンジング?』と、疑いたくなるほど快適さはピカイチです。

毛穴の角栓もすっきり、毛穴も目立ちません。

ただ、洗い流したのちの数分後、カサツキを実感します。メイク落としにも洗い流しにも負荷がかからないけど、強い洗浄力が肌に必要な皮脂と角質まで落としているようです。使い続けると、乾燥肌の私には負担に感じました。

ポイントメイクをしっかりしている普通肌以上の方なら、便利なはずです。脂性肌で、皮脂が毛穴に詰まって角栓を作っているタイプの方に、おすすめのクレンジングとなるでしょう。 水

スポンサードリンク