広告 

インナードライでも浸透する化粧水を探そう

目覚めの朝は、油田のような、ぬるっとした肌ってこどありませんか?ちなみに、これはインナードライの証です。

乾燥している肌内部を守るために、皮脂を必要以上に分泌させて、外気に肌水分が奪われないようにしています。こうした防衛本能による皮脂分泌の量は、酷い脂性肌より多いと言われています。

それでも脂性肌かもと考えるなら、午後迄待ってください。日中の紫外線や空調がメイクも皮脂も乾かし、うるおいの無い肌は、かさついてくるはずです。朝はあんなに潤っていたはずなのに、メイクが剥げていたら、もう疑いようがなく、インナードライ肌です。 目ざまし時計を止める手

肌トラブルの根本的な原因は。。。水分不足

べたつく肌は、ムズムズするし、角栓が溜まって尚ムズムズ。気持ちが悪いし、鼻に角栓をすっきりとりたいために、洗顔料をたっぷり使ってしまいがちになります。スッキリ感が欲しいために、より脱脂力の強い洗顔料を使ってしまうものです。こうした目の前の角栓と悪戦苦闘するために、知らず知らずのうちに乾燥肌を招いているのです。

化粧水をインナードライ向けのものに変えてみませんか?角栓をとるよりも、肌自らが押しだす力を信じるのです。水分が増えた肌は、柔らかく柔軟性に富んでいます。毛穴の壁にこびりついた角栓に、水分を補えば自然にとれたりするものです。 水滴たっぷりの葉

スポンサードリンク

インナードライ肌は特に化粧水が入らない

インナードライ肌になってしまうと、肌表面を覆う皮脂が邪魔をして化粧水は入りずらくなります。乾燥した肌内部は、硬く委縮しているはずです。だから、洗顔後直ぐに化粧水をつけても、肌に浸みこんだ皮脂でやっぱり邪魔をしています。

インナードライ場合は保湿を繰り返し、角質層が健康にならなければ皮脂分泌はやみません。顔の表面を覆っている皮脂は、油ですので、化粧水は普通の人より入りにくいのは当たり前なのです。どうか化粧水が、皮脂なんて無視してズンズン入り込んでくれればいいのにって、思いませんか?

オルビスのアクアフォース・レギュラーローションを、使ってみました。とろみのある化粧水で、とろみが肌表面を覆いながら、水分だけ肌内部に入り込んでいる感覚です。

ついつい、サラッとした化粧水を使いたくなるものですが、サラッとしているといったテスクチャで選ぶものではありません。浸透しなければ、つけた化粧水が外気で乾燥するのを待つばかりです。この瞬間に、肌水分を外気が奪ってしまうのです。そして乾燥肌になります。

アクアフォースは、化粧水の水分を外気に奪われることなく、とろみでガードしながら肌浸透を待つタイプの化粧水で、なかなかの優れモノです。アクアフォーストライアルをつかった記事もあります。


スポンサードリンク