広告 

鼻の毛穴の角栓と格闘するのを、もう、止めましょうよ

皮脂の詰まった角栓は、ついつい気になりますし、時間がたつと黒ずんでしまいます。でも強引に毛穴の角栓取りを行うと、肌に負担がかかったり傷つけてしまい、毛穴がひろがる原因になってしまいます。 どろあわわ洗顔ソープ

毛穴の汚れをとって引き締めれば解決

引き締まった毛穴を作れば、皮脂が入り込み角栓ができることもありません。そのためには、角栓取りのケアが関係しています。無理に引っ張りだせば、毛穴の周りの皮膚はダメージを受けて、引き締まることはありません。

角栓の取り方の基本は、肌をやわらかくして詰まっている皮脂を優しく取り除くことにあります。硬く固まった角栓は、容易に取れません。蒸しタオルもなく、いきなり毛穴パックやスクラブ洗顔を、行うのは無謀です。

毛穴に入りこむ微粒子状のクレイなら

毛穴の角栓を取り除く方法で、今人気があるのがクレイ洗顔。天然のクレイを利用してその吸着力と、クレイに入り込んだミネラル成分で美肌効果を狙うものです。

角栓洗顔後のぽっかり空いた毛穴を引き締めるために、保湿成分や引き締め成分が石けんに配合されています。そのため、洗顔後は角栓除去と、ふっくらと潤った肌で毛穴を開かせないようにしているのです。

泥洗顔に解決の糸口があり

代表的なものに、沖縄のクチャを使ったどろあわわがあります。クチャは、沖縄本島中南部でしか取れないマリンシールドで、地中海や死海の粘土と同じ性質があることが解明されています。

スポンサードリンク

5マイクロミリ(髪の毛の16分の1)以下の微粒子が、毛穴に入り込み、落としきれない皮脂の汚れや毛穴の黒ずみを、分子ぐらいの大きさであっても吸着します。粒子が細かいために、角質を傷つけることなく黒ずみが取れることから、まるで強力なスポイトで吸いとったような爽快感があります。

どろあわわで洗顔しました

どろあわわを親指に第一関節くらいとって、泡だててみます。 どろあわわ

これくらいの泡が作れます。(ちょっとわかりにくいかな?) どろあわわ

クチャは、沖縄の海底に長い年月をかけて積もリ続けた海泥です。海で生活していた多くの生物が埋没しているために、ケイ酸、酸化アルミニウムなどといったミネラルが豊富に含まれており、高い栄養効果も持っています。

泥の他の美容成分が魅力

どろあわわをおススメする理由は、角栓を無理なく取り除けることとに加えて、潤い成分にこだわっていることです。

 

汚れがとれて穴のあいた毛穴は、肌の表面の角質細胞がふっくらと太ることにより押し縮められます。

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンEと、肌を元気にする美容ビタミンが、たっぷり含まれている豆乳発酵液が含まれているのも、心強いですね。

1つで二役ものケアをこなしてくれる、どろあわわなら、角栓の悩みは解消できそうです。

スポンサードリンク