広告 

紫外線を遮断する、肌への影響を最小限にすること

透明感のある肌は活力感がでて、周囲を明るくさせます。
無愛想な顔より笑顔の方がいいのと同じで、人間関係にも少なからず影響を与えるような気がしてなりません。
女性二人を天井から

 

シミをつくらなせない肌環境にするには

女性が、メイクをしてチークやリップの色選びに余念がないのは、色が与える印象の違いを無意識に計算しているからでしょう。

美白化粧品は年々進化して、メラニンを生成抑制させるための仕組みや成分は増え続けます。シミを作らせない肌環境は、すなわち、メラニンをつくる肌組織への対応です。
チロシナーゼという、メラニンを作る酵素にまで働きかける成分もあるくらいです。

 

肌に負担をかける2つのこと

メラニンを生成する外部要因は、紫外線などの肌ストレスです。

紫外線対策のために、ファンデや下地クリームのUVカット率も高くなっています。
UVAのような真皮層に影響を与える紫外線への警戒感も年々強くなり、真皮層を守るためにPAの基準値の見直しも今年行われています。

紫外線が体内に入った場合、細胞へのダメージから守ってくれるのは抗酸化物質です。
抗酸化物質が、スキンケアやサプリメントに配合されています。

抗酸化物質と言えばビタミンCと定評がありますが、ビタミンCを上回る成分や果物に、フラバンジェノールや黄酸汁などがあります。

 

年齢肌の美白ケアは保湿力を上げる

先日も美白コラムに書きましたが、肌にあたる光が屈折することにより、濁った印象になります。
光が屈折する原因は、古い水分を失った角質が残っていることです。
たっぷり水分を含んだ角質細胞は、光を直進させ、透き通るような肌を作ることができるのです。

そのため、美白化粧品の中にも、保湿力を加味したものが増えてきました。
ただ、水分不足は年齢と共に増してくるもので、美白化粧品に配合している保湿成分より、エイジングケアでたっぷり保湿を行った方が、透明感が増す方もいます。
年齢が上がると、外部からの刺激にも弱くなってきます。

 

スポンサードリンク
敏感肌の美白ケア

外部の刺激から弱い肌は、年齢肌だけではありません。
化粧品の成分でピリピリしたり、痒みがでたりする敏感肌の方も同じです。
肌が反応することは、メラニンの生成を促進させてシミをつくる原因になります。
できるだけ反応を起こさせないようにするには、外のある成分を一切排除した無添加化粧品が一番です。

無添加化粧品により肌力を回復させることにより、メラニンを作らせない、外部の刺激に負けなくなり美白に導くと言う考え方もあります。

 

既にできたシミへのケア

近年、レーザーによる施術を一般の人も利用するようになり、できたしみも消去できることが認知されてきました。
レーザーを行うには、予算が厳しいとか怖いといった方のために、塗る方法でできたシミを消す化粧品があります。ハイドロキノンです。
ハイドロキノンは、シミの色を抜く働きがあるために、他の美白ケアより効果を早く感じます。ただ、使い方は気をつけなくてはなりません。

できたシミを消去する方法に、肌細胞を活性化させてメラニンを排出させる方法もあります。
少し前は、保湿力の高い成分でケアを試みていましたが、最近では成長因子で対応が行われています。肌細胞を再生させやすくすることで、下から新しい肌でメラニンを押し上げていく方法です。

 

毛穴のトラブルも美白ケアのひとつ

プラセンターや、EGF、FGFなどの成長因子を駆使して作られた化粧品は、メラニン排出だけでなく、たるみ毛穴に働き掛けて小さくもしてくれます。
開いている毛穴は、肌に影をつくったり、毛穴に入り込んだ汚れが酸化して黒ずみの原因となります。

にきびや吹き出物も、くすみやシミの原因になります。
ニキビや吹き出物は、何度も繰り返すうちに色素沈着や凸凹肌として跡が残る危険があります。凸凹肌は見た目も良くありませんが、肌に多くの影を作りくすみの原因となります。
大人ニキビの場合は、早く対応してケアをすることで、ニキビ跡を残す危険が小さくなります。

 

美白を追及するときりがない

透明感のある肌を作るには、多くのアプローチの方法がありますが、自分の肌質と年齢に合ったものを選んで、さわやかなあなたを演出してみてくださいね。

スポンサードリンク