朝の洗顔石けんで、化粧のりを良くしよう

広告

洗顔石けんで肌環境を整えて、化粧のりを良くしよう

化粧を落としたばかりの夕方とは違い、朝洗顔が億劫な年齢となりました。石けんで生皮を剥がされているような感覚は、大げさでもなくするからです。

ちょうど、新しく作られる一日分の角質(外側の皮膚)だけ、はがれてくれればいいのにと愚痴がでます。洗顔せっけんに肌の厚さなんて、わかるはずないのにです。

私が使ってる石けんも、さほど洗浄力が強くはないけど、毎朝続けると負担を感じます。 朝の洗顔石けん

洗浄力が強すぎても弱すぎても、化粧のりには悪い

角質を取り過ぎると、どんなにクリームを分厚く塗っても、間に合いません。日中の乾燥がひどい!化粧は崩れ、粉をふき、挙句の果てにまだらにファンデがついている始末です。

朝は外気の埃や、化粧の取り残しの汚れがありません。『朝洗顔をしない』というモデルさんに習って、コットンをつけた化粧水で、軽く汚れを落とす方法も試してみます。でもどうでしょう?1週間すると、たちまち肌は固くなってゴワゴワ。

夜の間に作られた肌が、角質を厚くします。角質がまだらに溜まり、化粧がのりません。まだらなファンデをごまかすために、さらに分厚く、ファンデを塗って厚化粧そのものの状態です。

誰もが体感的に知っているけど、あえて口にしないのは、朝の洗顔は化粧のりを左右していることです。

肌の外側を包みこんでいる角質層に、勝る保湿クリームは未だかつて見たことがありません。剥がし過ぎても、分厚くなってもいけません。角質層が健康であれば、滑らかな肌のままでいられます。滑らかな肌であれば、ファンデは均一にのるのです。

洗浄力の強い石けんの弱点

洗浄力の強い石けんで乾燥させると、乾燥して水分を失った角質層はしぼみます。上にのっているファンデも、しぼんだ土台に合わせて崩れてます。

洗浄力の弱い石けんの弱点

では、洗浄力の弱い石けんが良いかというと、そうでもありません。毛穴に入り込んだ汚れや取り残された角質が、化粧のりを邪魔します。

汚れの詰まった毛穴は、化粧水を吸収しません。少しでも潤いが欲しい年齢肌にとって、朝のスキンケアは、砂漠の中の泉のように大切です。洗浄力が弱い石けんのために、泉の恩恵を受けれなくなるのもどうでしょうか?

洗顔石けんの永遠の課題は、汚れをキチンと取れること、潤いを保ち続けられること、角質層が健康でありつづけられることです。毎日、毎朝洗顔をし続けても、昨日と同じ肌のハリ感を保つには、この3つのバランスが大切。3つのうち、いずれかが抜きんでていても、足りなくでもうまくいきません。 朝の洗顔石けん

米ぬか石けんの人気は、洗浄作用と保湿作用が両方あるから

米配合の洗顔石けんを使用してみました。米由来の化粧品が増えた理由は、お米の中には、角質層の潤いを助ける成分が豊富だからです。江戸時代には、米ぬかを石けん代わりすることが、美肌意識の高い女性の日常であったそうです。

私が使用した、DHCの潤米ソープは、米ぬかで洗った時のように自然。肌を覆う薄いベールが、あるのかないのか分からないほどなのに、しっとり感があります。朝の洗顔石けん

スポンサードリンク

特にいいなぁ~と思ったことは、毎日、朝の洗がんに使い続けても疲れがこないことです。連日、クレンジングを使い続けた後でも、生皮が剥がれる感覚がありません。

次に気がついたことは、化粧のりが良くなったことです。そう、朝の洗顔石けんは化粧のりと無関係ではないって、気がついたのは、DHC潤米ソープのおかげです。 何故良くなったのかについて、自分になりにまとめてみました。

  • 洗い上がりが乾燥しない
  • スキンケアの入りが良い
  • 毛穴が目立たなくなり凸凹感が少ない
  • 潤いが持続
洗い上がりが乾燥しない

洗顔石けんが、毎日肌が新しく作られるより多くはがすから、かさつくのです。石けんを使って1週間ぐらいまでは、感じなかったのに、ゆっくりと乾燥を感じます。使い続けないと、肌に優しいのかどうかわかりません。

ネットで作った泡は、クリームのようで伸ばすだけで、毛穴に入り込んでくれます。すすぎの時のヌルつきを気になりましたが、すばやくとれました。洗い上がりは、自然なつるつる感が残ります。 朝の洗顔石けん

泡を握ってみると、弾力感があり跳ね返す力を感じます。朝の洗顔石けん

スキンケアの入りが良い

スキンケアの浸透も悪くありません。毛穴の汚れがスポーンと取れて、化粧水がグングン入るといったわけではないのに、使った分は吸収している感があります。

米ぬか石けんは、毛穴洗顔には向かないと考えていましたが、実は米ぬかにはサポニンが入っているのです。サポニンは、たんぱく質を溶かす働きがあるので、毛穴に詰まった角質に作用してくれそうです。

毛穴の汚れがとれる強い爽快感はないけど、スキンケアの浸透に満足できたのは、さては、この辺のところにあるようです。朝の洗顔石けん

毛穴が目立たなくなり凸凹感が少ない

DHCの潤米ソープが、他社の石けんと異なるのはここにあります。洗顔石けんに毛穴引き締めを考慮したタイプは、珍しいですよね。石けんではなく洗顔フォームなどでは、毛穴対策用の保湿成分が加えられています。

石けんの場合は、洗い上がりに毛穴が開いて見えることが、多く実感しています。

毛穴を引き締める柿タンニン、保湿作用をもつトレハーロースやラフィノース、コンディションを整えるアロエベラやショウガ、ドクダミなどを加えています。狙いどおり、良く働いてくれています。

潤いが持続

お米が持つ保湿力に加えて、DHCは独自にライスペプチドを開発しています。ペプチド、つまりタンパク質を細かく分解した分子の集まりを、加えることで肌荒れなどをサポートさせているようです。

肌を作っているのはタンパク質ですので、ペプチドが加わることで、肌力が高まります。ライスペプチドには、肌の生まれ変わりに関わる『ライスペプチド1型』と、肌の弾力に関わる『ライスペプチド2型』があり、なんだか頼もしいですね。朝の洗顔石けん

スポンサードリンク