敏感肌の毛穴洗顔で洗顔ブラシを使う方法

広告

洗顔の美肌効果は重々承知だけど、刺激が怖い

毛穴の汚れを根こそぎ取りたい気持ちは、脂性肌の人だけではありません。普通肌の人も、敏感肌の人も同じです。ところが、世の中の毛穴洗顔グッズは、どう考えても、普通肌以上の肌強さを持っている人を対象にしているとしか思えません。

正直なところ、毛穴の汚れはとれるけど、乾燥が気になるといった洗顔料はまだ多いのです。 バスタオルと洗面器

毛穴がすっきりすれば良いこと一杯

毛穴がすっきりすれば、化粧水の浸透力は上がりますし、引き締め効果が上がって小顔に見せることも可能です。化粧品の吸収って、1割が皮膚から9割は毛穴からというデータがあるそうです。つけるより取り除く方に、美肌パワーがあるということです。

敏感肌ゆえに、全力で洗顔をすることもできないと、もどかしく感じている方に朗報です。MTGの洗顔ブラシは、肌に負担をかけずに汚れを浮かび上がらせることができます。

洗顔ブラシは機械を使って、ゴシゴシこするといったイメージがありますが、MTGの音波ブラシ『リファクリア』は、ブラシで埃をはらうようにソフト。目で見るとしっかりと振動しているのに、従来の洗顔ブラシの肌触りとは別物となっています。

MTGの本社に行って、洗顔ブラシ、『リファクリア』を体験してみました。

毛穴の汚れを落とす方法

毛穴の汚れを落とす優れた洗顔料が増えました。『汚れを溶かす』、『汚れをクレイで吸着させる』、『汚れをパックで吸着させる』、『汚れをブラシでかき出す』といったところでしょうか?いずれの方法での洗顔も、すっきりすることに異存がありません。

しかし、ダメージは大いに気になるところです。

汚れを溶かす

毛穴の汚れは、はがれ落ちた角質や皮脂、汗などの他に、メイク汚れ、肌に住んでいる細菌などが入り込んでいます。

毛穴に詰まった皮脂や汗などは、温めたタオルを使ったりオイルを使用すれば、取り出すことができます。

角質はタンパク質ですので、温めるだけでは取り除けません。溶かすことができる酵素洗顔が良いとされています。酵素洗顔は、使い過ぎると肌のバリア機能を弱らせます。

クレイで汚れを吸着させる

一番厄介なのは、メイクの汚れです。鉱物性の汚れは、毛穴の底に地層化してたまりやすくなります。毎日取りきれなかったメイクの残骸が、少しづつ溜まっていくイメージです。

クレイ(泥)の中には、吸着力に威力を発揮させ、毛穴にクレイを残さないものもあります。クレイの性質を利用して、自然体で毛穴の汚れとる方法もあります。使ったこともありますが、なるほど良く働いてくれます。

パックで汚れを吸着させる

毛穴専用のパックなども、毛穴に詰まった汚れの表面に吸着させ、一気にはがし取ります。毛穴パックの働きも、またすごい!シール状のパックに、びっしり張り付いた逆三角の角栓に、見とれてしまうほどです。

スポンサードリンク

しかし、無理やり剥がしているので、毛穴の壁はボロボロ。やり過ぎると、やはりバリア機能を弱らせます。

巷で話題になった、オロナインを塗った後にパックを使う方法も、効果が抜群と言われています。しかし、オロナインは、傷を負った時の殺菌用に使われるものです、普通の皮膚に使えば、オロナインの抗菌・殺菌作用が、肌の上の常在菌を死滅させて、乾燥を招くというのがおちとなります。

洗顔ブラシに期待されること

洗顔ブラシは、化学的に溶かしたくない、毛穴の壁にダメージを与えたくない方向けです。ただし、洗顔ブラシの摩擦が強ければ、パックで一気にはがすのと同じくらいダメージを受けてしまいます。

優しく汚れを取るために考えられた洗顔ブラシのしくみを、知りたくありませんか?リファクリアの仕組みを知れば、洗顔ブラシを選ぶ際の目も養えるはずです。

市場に出回っている洗顔ブラシは、回転式と音波式、流行のイオンクレンジング方式があります。リファクリアは、音波式とイオンクレンジングを組み合わせています。敏感肌の毛穴洗顔で洗顔ブラシ

回転式

フィリップス、プロアクティブ、パナソニックなどから出しているのが、回転式の洗顔ブラシです。らせん状についたブラシが回転します。

肌に摩擦をかけやすく、平面的な動きで立体的なアプローチができません。

音波式

クラリソニック、クリニーク、日立などからでているのが、音波式の洗顔ブラシです。ブラシが左右に振動して、回転式より肌摩擦を軽減させています。しかし、平面的な動きで立体的なアプローチはできません。

リファクリアは、横0.2~0.3mm、縦0.5mmの音波振動で、従来不得手だった立体的なアプローチに対応させています。

イオンクレンジング

イオンの力で、体内電荷をマイナス化させます。毛穴の奥にこびりついたメイクなどの汚れもマイナスですので、反発しあう力を利用して、メイクを浮かび上がらせます。

電子の力を利用しているので、汚れが再付着することない洗浄方法です。

リファクリアの肌に優しい工夫

敏感肌におすすめしたいリファクリアですが、他にも肌に優しい工夫がされています。

ブラシには、メイクブラシで人気の熊野筆がつかわれています。高密度にまとめられた熊野筆の弾力感を、体感しました。敏感肌の毛穴洗顔で洗顔ブラシ

洗顔中も毛がへたれなず、横になりません。縦のブラシの毛が、毛穴にすっとはいって汚れをかきだしてくれます。毛の細さもは、毛穴よりも小さい、0.01mmです。 

シーンに合わせた3段階の洗顔モードも、肌の弱い人にはうれしいはず。朝用、夜用、汚れが非常に気になる時用と使い分けられるようになっています。

スポンサードリンク