シミができる原因から考えた、シミにいいサプリメントの種類

広告

しみサプリメントの働きを知ろう

しみができる原因から考えた、シミケアのサプリメントを区分けすると、3つです。(1) シミ自身の色を薄くするもの、(2) 肌の新陳代謝を高めてシミを除去するもの、(3) メラニン生成を抑えるもの。 simisup

健康な肌なくしてシミケアはあり得ない

シミと言うと、シミ自身を薄くするために、ビタミンCを飲むことを考えます。ただ、目立っているシミを薄くしてみても、シミができやすい肌質や毎日受け続ける肌への負担を軽減していかないと、シミの根治にはつながりません。

人の肌は、年を追うごとにストレスに対する防御力は弱くなり、肌本来の力をサポートさせることも必要です。メラニンは常に作られ続けているものですので、ターンオーバーを正常にさせて、肌にためこまないように気を配りたいものです。

自分のシミが、何が原因でできているものなのかを知ることは、難しいですが、シミに影響のある物質を知っておくと、日常生活での気配りも違ってきます。

上記の3つに該当する、シミサプリメントを書きます。

(1)シミの色を薄くする

シミの色を薄くするのはビタミンCとLシステインです。ビタミンCは、体のほとんど組織で必要とされています。生命維持とは関係のない肌のシミに働き掛けるためには、相当量を飲む必要があると言われています。

しかも、壊れやすいし、体内に吸収されずに、尿と一緒の出てしまう方が多いと聞きます。体の内部から、ビタミンCでシミを薄くと考えるなら、食品からでは到底間に合わず、サプリメントに頼るしかありません。

(2)肌の代謝を高める

肌の表面に残る黒いシミは、ご存じのようにメラニンの塊です。メラニンの塊ができる理由の一つに、メラニンが押し出されないことがあります。

肌の代謝を一口にいっても、その仕組みは複雑で、肌の血行や水分量によっても良くなったり悪くなったりします。

グロスファクター成分

ただ、最近よく聞くグロースファクター(成長因子)は、人間の成長や健康維持を助ける働きに期待ができます。たったひとつの細胞から人や動物を作り上げる、プラセンタ(胎盤)は有効です。生命を作り上げる力を借りて、肌の新陳代謝を促進させます。

スポンサードリンク
L-システイン

肝臓は、体内にたまった毒素を分解する臓器です。肝臓機能をアップさせることで、デドックス効果が高まり、クスミやシミの原因であるメラニンの生成を抑制させられます。特に、顔の頬骨の外側の左右対称のシミは、肝臓機能の低下と言われています。

肝臓機能を高めるものとしては、Lシステインというタンパク質です。LシステインはビタミンCの働きを高めると言われていて、ビタミンCサプリメントには、必ず含まれています。

肝機能に負担をかけている原因として、腸内環境の悪化があります。腸内環境が悪化して悪玉菌が増えると、悪玉菌を作りだすアンモニアが大量発生します。アンモニアを解読する肝臓に負担がかかるのです。腸内環境の改善によい酵素ドリンクや乳酸菌は、間接的には美白にも貢献しているのです。

(3)メラニン生成を抑制させる

メラニンは、肌にダメージが加わった時に作られ、ダメージが軽減した時、メラニンは作られなくなるのが普通です。排出されなかったり、過剰に生成され続けると、メラニンの塊となってしみが残るのです。

L-システイン

メラニンを作る組織の制御が、不能になりメラニンは、作られ続けます。メラニンを作られるのをブロックする働きがある成分は、L-システインです。特にメラニンをつくるメラサイトの暴走を食い止めてくれるのに有効と言われています。

ビタミンC

メラニンがつくられるタイミングは、外部の刺激で肌に負担がかかった時、防御する時です。紫外線や摩擦でシミができるのは、メラニンの防御機能が働いているからなのです。

紫外線を受けると発生する活性酸素は、肌細胞を壊しシミばかりかシワの原因にもなります。活性酸素を除去させる食品(抗酸化物質を含む食品)をとることが、シミを増やさない方法なのです。抗酸化食品としてよく名前が挙がるのは、ビタミンCですね。

抗酸化物質を含む食品は、果物や野菜に多く含まれますが、食事に毎日気を配っていく時間がない方は、果実ドリンクや、野菜ジュース、酵素ドリンクなどを意識してとることでメラニンを抑制させられます。

(1)から(3)には、ビタミンCとLシステインが挙がっています。シミに使いたいサプリメントの代表選手は、だから、ビタミンCとLシステイン入りの物なのですね。

スポンサードリンク