広告 

持って生まれた肌の色をとり返したくない?

肌の色なんて生まれつきなのだから、そんなに変わるわけはないと、タカをくくっていました。
ブログ記事を書く為に購入した、洗顔料や角質ケアローションなどを使った後、驚くほど明るくなることがあります。

毎日見ている自分の顔、『ゆっくりと、薄いベールをかぶせるようにくすんでいたのだわ』って、改めて気がつくのです。
玄関の白いリース

 

年々肌の色が黒ずむのは、みんなそうよ

肌の色は、肌水分量や体調、UVケアの方法などで、微妙に変わってくるもののようです。
徹夜した時は、どす黒い顔をしているし、肌荒れをしてしまった時もザラザラとくすんでいます。

もっとも揺るがない私の結論は、肌の色は、年々黒ずむってことです。
年をとると、代謝も悪くなり、リンパの流れもスムーズでありません。顔に溜まった老廃物や毒素が留まる事で、どんよりと冴えない顔色になっていくのです。

毛穴が開いて、毛穴の黒い影が、黒ずませていることもあります。
キメの乱れも、均一に光が肌に当たらないために、透明感を失わせます。
階段にかかったジョウロ

 

強い紫外線の季節に、若い頃は少々日焼けして赤くなっても直ぐに戻ったのに、年々戻るまでの期間が長くなってきました。
日焼けして赤くなるだけでなく、乾燥してカサカサ状態になることが多くなりましたね、この頃。

紫外線で乾燥状態が続けば、しみやしわ、たるみといった、エイジングトラブルになります。

紫外線は、肌を黒くするメラニンを肌に作らせます。
年齢を重ねた肌は、代謝が悪いのでメラニンも排出しないで、溜まっていきます。
屋外の出た時間が長ければ長いときほど、肌が乾燥するって思うようになったのも、やっぱり年だからでしょうか?

 

ビーグレンのホワイトニングは、エイジングケア重視に変わった

ちょっと、肌が白くなる効果が実感できると、評判のビーグレン。
その秘密は、ハイドロキノンを、配合しているからです。
ホワイトケアプログラム

スポンサードリンク

 

ハイドロキノンには、紫外線で作られるメラニンの量を抑え、排出しきれないメラニンを薄くする働きがあります。
皮膚科で、しみに処方される軟膏です。

皮膚科よりグーンと濃度を低くして、ビーグレンの浸透技術で肌の奥まで届けることを可能にしています。
このQuSomeホワイトクリーム1.9は、他の美白化粧品とは趣を異にしています。

 

一つ一つのカプセルに均一に成分が配合

何よりも、メラニンだけにこだわっていないことが、気に入りました。
最初にかきましたが、肌の色は、どうやらメラニンの量だけでは無いからです。
肌の代謝力、水分量、紫外線から守る力といったものが、少なからず影響しているようです。

年齢と共に衰えていく肌を、元気づけるように、エイジング成分をたっぷりと盛り込んでいます。
お互いの成分同士が、バランスよく働くことが可能なように、カプセル化して、過不足なく肌内部に届けられるように工夫されていると、ビーグレンの方より聞きました。
同じ成分が溜まっていたり、水分だけだったりすることがないように、小さなカプセル必要な成分をギュッと詰め込んでいるのが、ポイントなのです。

 

保湿成分が透明感をアップさせた

リニューアル前にはなかった、保湿系のクリームを加え、常に潤った肌を実感できるようになっています。

最初に使用した後は、同じ部屋でも電気を明るいものに変えたかなと思うくらい、肌が白くなっていました。
そして、何よりも、肌質感がいつもの私のザラザラした、パサパサなものとは違うって思えたことです。

実際、各アイテムの細かな使用感は、 こちらに記載しました。
参考になさってください。


スポンサードリンク