スポンサードリンク

スクワランには保湿効果があるの?

スクワラン自身が保湿力を持っているわけではない

スクワランの保湿効果の有無は、干しシイタケをラップで包んだ状態と、生シイタケをラップで包んだ状態を思い浮かべれば明らかになります。ラップは外部から異物の侵入を防ぎ、干しシイタケはそれ以上潤うことはないけれど、生シイタケは潤いを保てます。

ラップは、スクワランの例えです。おしゃれなガーディニング

元々乾燥肌の人は、潤い効果は得られないけど、進行だけは食い止められます。 既に水分を失ってしまった干しシイタケのように乾燥していれば、重点的に水分補給を行います。

『私は生しいたけだ』と判断するなら、ブースターローションとスクワランのシンプルケアで充分なはず。これ以上読む必要はありません。

保湿専用のローションにする

ご存じと思いますが、肌の潤い不足を解消するために、蒸留水や水道水をハンドプレスしても、モチモチにはなりません。 肌にはバリア機能があるので、水を肌内部へ入れられませんし、水分を溜め込み続けられません。

保湿力アップには、バリア機能を通し保湿成分を配合したローションが必要です。浸透技術に関しては、各コスメメーカーともしのぎを削っていて、その必要性を疑いませんね。

保湿力をあげるためには、角質層を丈夫にする

乾燥を感じる理由は、カサカサする、粉をふく、かゆみなどがあります。美容に詳しい方は、『必要以上に皮脂分泌が多い時も、肌内部が乾燥しているからだ』といいます。

こういう乾燥肌の時は、水分だけが足りないのではなく、皮脂膜の下の角質層が緩んできているからです。

角質層の緩むと、肌内部の水分が外気へ蒸散します。ターンオーバーも乱れて、肌を硬くしてしまうのです。硬くなった干しシイタケを想像してみてください。 干しシイタケ

スポンサードリンク

皮脂膜の下にある角質層は、角質細胞が何層にも並べられた場所です。有名なセラミドやヒアルロン酸、NMFなど保湿成分が存在し、いずれも水分を保持しています。外から、こうした成分を補うことで、角質層を丈夫にして保湿力もあげられるのです。

スクワランは新陳代謝を促進する

スクワランにはどうやら肌の新陳代謝を、活発にするのではという話があります。スクワランをイボに塗ったら、とれたというのです。 イボの下にある肌が次々と作られ、イボを押し上げてはがしてしまったのでしょうか?

健康な肌を作り出すパワーがあれば、新しい肌にはたっぷり水分を含んでいますので、保湿効果は上がります。

スクワランの他にクリームを使うべきか否か

スクワランはオイルですから、外気と肌の間に壁を作ります。健康な肌の方は、ローション後にスクワランで、お手入れを完了しても問題ありません。

しかしもし、それだけでは保湿感が得られない場合、スクワランを必要以上に増やすのも問題です。クリームをつけるべきなのです。

スクワランオイルが増え過ぎると、水とオイルのバランスが崩れ、皮脂バランスが崩れます。皮脂バランスのくずれは、皮膚の上にある表皮常在菌のバランスを崩します。腸内環境の要は、腸内細菌にあると言われている昨今、皮膚の上の環境も同じです。表皮常在菌のバランスのずれは、肌荒れや乾燥肌を招きます。

外気との間の壁をもっと強固にと望むなら、オイルと水分を両方含んでいるクリームを使用します。クリームは、水とオイルを混ぜ合わせるために界面活性剤を使用していますが、表皮常在菌のバランスを崩すよりは、クリームで肌を整える方が肌も楽になります。

スキンケアの個々の成分を上げて、善し悪しを論じる方もいます。しかし、アイテムの性質を良く理解して、自分の肌環境に臨機応変に対応させていくようにしたいものです。

スポンサードリンク