広告 

天然の海洋深層水の性質を利用すれば、望みは叶いそうよ

敏感肌であっても、ナノ化した高浸透の保湿ケアをしたいと考えませんか?
じゅーと浸透してこみ上げるうるおい感は、やっぱりいいですよね。

浸透有無を問わなくても、肌に馴染んだ保湿化粧品を使えば、柔らかくふっくら感が実感できるはずです。
でも、反応しやすいからと諦めているんですよね。

海洋深層水の化粧水には、高浸透保湿ケアのようなしっとり感があるようです。実際、海洋深層水で作られた『ナチュラルミスト浸-shin-』を、1ヵ月間使用できる機会があって試してみました。
ナチュラルミスト浸

 

高保湿感への期待は、高まるばかり

化粧水の種類をしっとりとさっぱりに分けて、しっとりが高保湿と言われています。
少し前までは、しっとりタイプの高保湿を、肌の表面だけがべたつく感覚と思わてきました。 べたつく理由は、油分。借り物の油分が、肌の潤いを封じ込めて、保湿感につながっていたのです。

次に、借り物だと思っていた油分が、肌で使われている成分や似た成分のものを、配合されるようになります。
肌と馴染んで、肌本来の保湿機能を、助けてくれているようです。『自分の肌で、潤っているかも?』って、錯覚してしまいます。(ちなみに、敏感肌の方は浸透性のある化粧品を使わない方が安全という考え方もあります。こちらの記事で、その詳細を書いています。)

 

主流のナノ化による保湿は、敏感肌には苦手

そんな気分もつかの間、あれよあれとと高浸透性を競う時代に入りました。
ナノ化技術を使って、有効成分をバランス良く小さなカプセルに配合して、肌奥まで浸透させることができる高度な技術です。
ナノ化技術で、肌内部からのうるおい感と、柔らかくふっくら感にとりつかれた女性も多いはずです。これって気持ちが良くて、知ってしまうと病みつきになります。でなければ、ナノ化技術はこれほど広まることはありません。

しかし、ナノ化技術は、敏感肌の方にとっては脅威です。反応する成分が、より深く浸透してしまうと、反応は酷くなることは分かっているからです。

ふっくら感を実感したいけど、反応するから無理。もう、既に、赤くなってしまったりかゆくなったりして、後悔している方もいるかもしれません。

高浸透感はあるのに、限りなく天然成分を使用した肌に優しいと言われている、『ナチュラルミスト浸-shin-(以下、ミスト浸と記載)』は、そんな敏感肌の方の悩みに答えています。
ナチュラルミスト浸

 

ミスト浸(ナチュラルミスト浸-shin-)を使ってみました

ミスト浸に興味を持ったのは、京のすっぴんさんシリーズの一つだから。
京のすっぴんさんのBBクリームを使用して、成分の安全性にこだわっていることは知っていました。

スポンサードリンク

他の敏感肌用のBBクリームと比較しても、軽さが違うのです。
さすがにカバー力は心もとなかったのですが、石鹸で落とせる、つけたまま寝てしまっても不安にならないと感じました。こちらにレビュー記事を、書いています。

そんな京のすっぴんさんの化粧水だから、優しいに違いありません。なーんて決めつけてしまいました。

また、化粧水の7~8割を占めている水を、海洋深層水にしていることが気になりました。
通常、化粧品に入れてある水は精製水であることが多いのですが、水にこだわっている化粧品で失敗したことがありません。使われている水は、海洋深層水の他、奥深い山の地下水であったり、湧き水であったりしますが、肌あたりの良さが、水にこだわった化粧品にあります。

 

海洋深層水の特徴

ミスト浸は、高知県室戸の水深700m~1,000mの深海から取り出した海水を使っています。
海に生息する生き物からの天然の栄養素。それは、カリウム、カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、セレン、必須微量元素などが含まれているのです。

こうしたミネラルの多くは、化粧品の成分として見ることはありませんが、肌再生や肌の健康維持には必要不可欠なものです。
そう言えば、天然水を使用している化粧品で、セレンなどは、バリア機能をサポートさせると特筆しているメーカーもあります。

実際使ってみて、さらっとした化粧水なのにとろみ化粧水のように、しっとりと肌を包み込んでくれました。これらのミネラルは、肌の中にも存在するために、馴染みが良いのです。
海洋深層水に誘導されて、一緒に配合されている成分は、ヒアルロン酸、天然グリセリン、プロパンジオールなどです。いずれも保湿成分で、しっとり感持続を手伝っています。

 

他のアイテムの良さを引き出してくれる

馴染みの良い化粧水を使うと、後に続くアイテムでさえ、肌と馴染ませてしまうようです。
ミスト浸を使った後、ジェルタイプのオールインワンを使ってみると、かすかに感じたジェルの膜感がありません。乳液とクリームで仕上げてみても、べたつき感を意識することがありませんでした。
何かをつけたと言うより、足りなかったもの補ってくれています。
ナチュラルミスト浸

 

ミスト状で吹きかけて、手やコットンで顔全体に延ばすことがないので、肌摩擦もありません。
朝は、低温のままにして毛穴を引き締めることができますし、夜は、吹きつけた後に手で顔を覆って温めて、浸透を促すことができます。

日焼けしてしまった時、シュッと冷たいミストを振りかけたら、すっごく気持ちが良くなりました。こんな日は汗をかいて、角質が緩んでいる状態なので、擦らずさっと保湿できる化粧水は、便利です。

パサパサになった髪にも、シュッと掛けてみると、柔らかく落ち着いてくれます。

シンプルなだけに、色々な使い方ができるのですね。 無添加天然派のミスト浸は、初回は送料無料、1ヵ月の返金保証付きです。

スポンサードリンク