敏感肌の人ほどシミができやすい、対応できる化粧品とは?

広告

敏感肌であると言うことは守りが弱い証拠よ

外部の刺激に反応しやすい敏感肌の方は、特定の成分に反応を起こしやすい体質と、いったことだけではありません。外部刺激をガードする機能が弱かったり、水分量が足りなかったりと肌自体が弱いのです。 敏感肌会ったり合わなかったり

ノンストレス化粧品であることが前提

ガード機能や肌水分量をあげたい、でも、むやみに化粧品でケアを行うと、ピリピリして合わないことがある、板挟みの悩みを持つのが敏感肌の方です。

紫外線の影響も、ガード機能が弱いために、影響を受けやすくなります。しっかり日焼け止めを塗ってケアをしなければと、少しヒリヒリするのも我慢して塗ってしまうと言うのが現実のようです。

こうした我慢が、シミを作っていることに気がついていません。

肌負担はシミに繋がると考えた方が良い

ご存知のように、シミは元々は、紫外線が与えるメラニン色素の蓄積だったり、ニキビ菌による炎症だったりする、あざのようなものです。そして、意外に盲点だったのは、化粧品の添加物による肌負担です。負担が増え続ければ、シミにもなります。

無添加化粧品は、肌に悪いものを一切排除されていますので、シミ対策とも言えるわけです。肌ダメージゼロ、ノンストレス化粧品であることが、シミができやすい敏感肌の方には、大切なことなのです。

無添加化粧品って何だろう

厚生労働省が無添加化粧品の明確な定義をしていませんね。化粧品市場の中で、無添加化粧品といわれているものの排除成分は、下記のようなものです。

スポンサードリンク
  • 旧表示指定成分不使用
  • 石油系界面活性剤不使用
  • パラペン不使用
  • 無香料

無添加化粧品の定義そのものを議論するつもりはありませんが、出来るだけ肌に負担をかけずにスキンケアをすることが、美白に繋がるということで留めておきます。

少なくとも無添加化粧品であると公言しているメーカーは、やはり選ぶ指標になります。

無添加化粧品が美白効果を高める

敏感肌の人は、ヒリヒリしたり赤くなったりする成分を排除するだけでも、シミの数を減らすことができます。健康肌の人も、使い続けて楽であるといった感触を大切にするだけでも違ってくるのです。

シミができやすい敏感肌だから、少々ピリピリしても美白効果の高いものをと考えるより、反応を起こす心配のない化粧品でコツコツとケアを続けていく方法を選ぶ方が、賢明です。

 

無添加化粧品を使ったレビュー

無添加化粧品を使用したレビューを記事を下記にまとめて見ました。是非、参考になさってみてください。

スポンサードリンク