広告 

年齢による肌乾燥を諦めない方法

毎日毎日、肌は新しく作りかえられているのに、年齢で乾燥してしまいます。
年齢が原因の乾燥肌は、肌再生の課程に問題があります。作り変えられる周期(ターンオーバー)が長い、水分を含んだ肌を作れなくなったのいずれかです。
窓辺

 

ターンオーバーの遅れ対策

成長期に分泌される、沢山の成長ホルモンは、大人になると大きく減少してしまいます。思春期の急激に体が大きくなるため、体を取り囲んでいる皮膚とて、物凄いスピードで作らなければ間に合いません。
成長期後ターンオーバが遅れてしまうのは、成長ホルモンが減り、体の新陳代謝が衰えてしまうためです。

 

成長ホルモンの役割

成長期の身長を伸ばす成長ホルモンは、大人になっても分泌し続けてます。少しでも成長ホルモンの分泌を増やす努力、減らさない努力をすることで、巡り巡れば肌乾燥対策につながっていきます。

成長ホルモンには、身長を伸ばすと言うだけでなく、代謝コントロールの働きや生活習慣予防など様々な面での役割を持っています。体の健康を、支えているのです。
分泌量が減少すると、記憶力の低下、肌のハリの低下、髪のツヤの減少などに繋がっていきます。基礎代謝が衰えるので、肥満やメタボの不安もありです。
下記に成長ホルモンの役割を、まとめてみました。

  • 疲労回復
  • けがの回復
  • 免疫システムの強化
  • 美肌効果
  • 脂肪分解
  • 髪の毛の発育

誰もが知っている、『睡眠不足は美肌の敵』と言う言葉は、成長ホルモンの分泌と関係しています。成長ホルモンは睡眠中に分泌して、日中受けた肌ダメージを回復させたり、肌再生を行ったりしているためだからです。

 

成長ホルモンを増やす

成長ホルモンを増やすには、良質な睡眠の他に筋トレもあります。

筋トレで筋肉に負荷をかければかけるほど、成長ホルモンがダメージを受けた筋肉を再生させるために、分泌されると言います。 筋肉をつけることで、基礎代謝も上げる事が可能ですので、肌の新陳代謝にも良い影響を与えてくれます。
筋肉が作られれば、肌内部の老廃物も排泄や、血流も促進されていき、肌再生に必要な栄養分が運ばれやすくなるのです。
アスリートの方の肌は、日焼けはしているもののツヤやハリは、普通の人と比べて断然良いのは、体内の筋肉によるものなのです。アスリートのような特別な訓練で無くでも、自宅でスクワットや、片足スクワットを毎日、10回程度続けていくだけでも期待できます。
ピンクの馬

 

スポンサードリンク

水分たっぷりの肌を作りたい

肌を作っているのは、食事です。バランスの良い食事を行う事で、肌質は改善され、乾燥肌も例外ではありません。
乾燥肌対策になる必要な食品を中心に、毎日のメニューを考えたいものです。

 

タンパク質

肌の原材料はタンパク質ですし、肌にまで栄養を届けてくれる血液や筋肉もタンパク質、肌を作る情報の伝達物質ホルモンもタンパク質です。肌の弾力やハリを保つ、エラスチンやコラーゲンもタンパク質からできています。
タンパク質不足は、シワ、たるみ、乾燥のリスクです。 肉、魚、大豆製品、卵などをバランス良く、毎日取り続けます。

 

脂質

肌水分を外気へさらわれないように、守っている肌バリア機能の主成分は、セラミド。セラミドは、化粧品などにも配合され、多くの女性が知るところとなりました。良質なセラミド化粧品を使えば、まずは間違いなく、肌乾燥対策ができます。
このセラミドを体内で作るためには、脂質の中の必須脂肪酸を食べる必要があります。

女性ホルモンは、美肌ホルモンとも言われていて、柔らかい肌、女性らしい体つきを作りますが、脂質のコレステロールが材料になっているのです。

ダイエット中だからと、脂質を完全にゼロにしてしまうと、肌荒れや乾燥、女性ホルモンの分泌も減少し生理不順などにも繋がってしまいます。

 

ビタミンC

肌を作る基底膜に栄養を渡す真皮層は、コラーゲンが大半を占めています。コラーゲン無くして、健康な肌は作られません。
他、コラーゲンが不足すると、シミ、しわ、たるみ、乾燥なども引き起こします。

ビタミンCは、コラーゲン生成を助けてくれる働きがあります。また、肌以外に他の体の組織でも、必要とされる人気成分です。

パプリカ、ピーマン、かぼちゃ、柑橘類などに含まれていますので、毎日たっぷり取り続ける意識が必要です。

 

ビタミンA

ビタミンAは、汗腺や皮脂の働きを活発にし、肌にハリとうるおいを与えてくれます。 緑黄色野菜、レバー、うなぎなどに含まれています。
白い枝

 

腸内環境を整える食品

食べ物から栄養を吸収したり、ビタミンの生成を行っている腸内環境を整える働きをするのは、約1000兆個の腸内細菌です。
人間の消火液や酵素で分解できなかった栄養を、吸収できる形に分解する働きを行って、体の各組織へ送りこむ栄養を作っているのです。

腸内環境を整えることは、美肌に必要な栄養の吸収・生成に最善を尽すことになり、大変重要です。
腸内環境を整えるには、発酵食品(味噌、納豆、漬物、キムチ、ヨーグルト)などをとります。食物繊維やオリゴ糖は、腸内細菌の餌になるために、ダイエットなどで制限しすぎないようにすることが大切です。

スポンサードリンク